生産性向上に向けて 

TOP
S.E.Pの活動
品質について
生産性向上に向けて 

生産性向上に向けて 

2018年10月09日
品質について

ボトルネック工程と在庫

生産性向上と言われ久しいこの時代に、未だ成形後にゲートカット工程を有する製品が複数存在しています。

最近ある製品種ではこのゲートカット工程が、ボトルネックとなり工場中に在庫が山積し始めました。

181009blog1 181009blog2

ボトルネックの主原因は概ね2つあると想定されています。

① 人によるスピード差(ベテランから新人による変化)

 これは明らかに大きな差を生みます。

 当然のことながら、新人とベテランでスピードを比較すれば、

 その差が数倍に及ぶものも少なくはありません。

 長年の経験による作業スピードの差は、年齢の若さで詰められるものではないのです。

② ゲートカット治具のバラツキ(同種製品を同治具で切断した際のゲート残の処置発生)

 この問題は過去から状態化しております。

 ゲートカット後の外観検査工程で2次処理を実施することが対策として挙げられますが、

 このゲート残量の判断と2次処理スピードにも、大きな差が生まれるものと考えられます。

改善策

 先ずは現場で問題を共有し、下記順で調査/改善を計画し実践して効果を確認していくことが必要になります。

 ・1 緊急:実態の把握(新人とベテランのやり方とスピードを調査)

 ・2 緊急:作業方法の統一化とゲート残判定基準をより分かり易くする

 ・3 緊急:ゲートカットの種別切断量のバラツキ原因調査

       (差異調査:切断面観察、製品間寸法、ランナー重量/密度、など)

 ・4 処置:成形稼働時間の短縮(成形とゲートカットが同期できる稼働にする)

 ・5 処置:ゲートカット前在庫品の山は、一旦作業応援で対応

 ・6 重要:ゲートカットレス(型内ゲートカットや自動ゲートカット治具)の具現化構想と計画立案

株式会社S.E.P

自動車部品成形小型部品成形機構部品成形

全国対応
TEL:044-588-9241
FAX:044-580-1222

本社:神奈川県川崎市幸区小倉5丁目5番21号
加工:自動車部品の成形、小型部品、機構部品のプラスチック成形

試作品小ロット量産品
簡易金型品、量産金型1個取り など100個/年~
素材

【熱可塑性汎用プラスチック

PE、PP、PVC、PS、ABS、PMMA、AES など

【熱可塑性エンジニアリングプラスチック】

POM、PA6、PA66、TPE、PC、PBT、PET など

【熱可塑性スーパーエンジニアリングプラスチック】

PEEK、PES、PEI、PA46、LCP、PPS など
  

全国対応